‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

天災によって生じた損害の対応

2015/05/21

車両保険は事故の時にはとても頼りになるものですが、細かい内容まで把握している人は少ないのが実情です。そのために車両保険が適用されない場合があることを知らない人も多いのです。その中で特に多いのが地震や津波や噴火などによる損害です。このような天災に関しては保険の補償対象外となっています。そこで役に立つのが補償特約です。これは特約という形式で付帯することができるもので、わずかな保険料で天災による被害を補償してくます。現在加入している保険が天災による補償に対応しているかは、保険会社によって異なりますので調べておくことが大事です。特約に関しては誰でもすぐに入れるわけではなく、保険会社による審査が必要になります。この特約は保険会社の方から積極的に勧めてくることは少ないので、気になる人は加入の際に説明を求めてみることです。天災に関する補償は保険会社にとってもリスクが大きいというのが理由です。しかし日本は地震の多い国ですし、海岸沿いに住んでいる人は特に懸念されることです。もしも天災によって生じた被害への対応を希望するなら保険会社に問い合わせて、補償の範囲や条件について納得できるまで説明を受けてから加入することです。テクノロジー09

無免許運転や飲酒・麻薬摂取での事故の場合

2015/05/21

交通事故を起こした時に運転者が無免許運転や飲酒運転であった場合、保険の種目によって支払の有無が変わってきます。対人賠償保険や対物賠償保険は支払われます。これは、加害者の法令違反は被害者になんの落ち度がなく、そのことによって被害者が救われないことは矛盾しているということで、過去は支払われないこともありましたが、現在は支払われます。車両保険の場合は運転者が車両の所有者であったり、所有者の配偶者や同居の親族であった場合は、保険金は支払われません。ただし、それ以外のケースで運転者と所有者が異なっていた場合は、飲酒運転や無免許運転であったとしても保険金は支払われます。これは、所有者がそのような法令違反を行った訳では無いからです。ただし、このような場合は保険会社が保険金を支払った後に、保険会社から運転者に対して支払った額が請求されます。人身傷害保険や搭乗者傷害保険の場合は、運転者本人に対しては保険金は支払われませんが、同乗者に対しては、保険金が支払われます。仮に同乗者が無免許運転等を知っていたとしても支払われます。運転者が麻薬の影響があって運転していた場合も保険金の支払い有無は同じことになります。テクノロジー08

保険契約者や被保険者等の故意によって生じた損害の場合の補償内容

2015/05/21

所有している自動車を利用して道路を走行していれば、どれほど運転技術に長けた人であっても、また、どれほど注意を払っていたとしても事故の可能性が無くなる事は有りません。
万が一、事故に遭遇してしまった場合、その賠償額が高額になってしまうことも多く、自動車を所有していれば必ず自賠責保険に、また、高額な賠償金額になってしまったときの備えとして、任意保険にも殆どの人が加入しています。
しかしながら、賠償金額がどれほど高額であったとしても、また、それほどの金額にならなかったとしても保険の対象外となってしまうケースが存在します。
理由の如何に関わらず、保険契約者、若しくは被保険者が作為的に事故を発生させた場合は、保険の対象となる事は有りません。
つまり、どれほどの賠償金額を負担する事になったとしても、どれほど高額の補償額の保険を掛けていたとしても、保険契約者等の作為的な行為によって発生した事故に対しては保険会社としては一切の対応は期待出来ないのです。
明らかに事故が予想される行為を行った時も同様となり、保険契約者や被保険者が故意により事故を引き起こしたと判断された場合、その損害は全て自己の負担となってしまうのです。テクノロジー07

車両保険で保険金が支払われないケース

2015/05/21

車両保険は、自動車事故などによって契約している車両が損害を受けた場合に、その修理にかかった費用などが補償されるという内容をもつ自動車保険です。
一般的な自動車事故のほかにも、運転者自身の100パーセントのミスによる自損事故、相手が誰かわからない当て逃げ事故、自動車の盗難、火災・爆発や台風・洪水などによって車両が損害を受けた場合についても補償の対象となります。
しかしながら、こうした便利な車両保険であっても、保険金が支払われないケースというものも、例外的に存在しています。
運転者の飲酒、無免許、麻薬の服用などが原因となって起こった事故については、同じく車両の損害があったとしても、自業自得の部分があるために支払いの対象外となります。
また、保険会社から金銭をだましとろうとして起こした故意による事故についても、同じく対象外となっています。
さらに、自然災害のなかでも扱いが分かれるのが地震や噴火によるもので、こうした被害が広範囲にわたり、保険料収入でカバーすることが難しいものについては、原則として補償の対象外とされています。
ただし、最近では東日本大震災の教訓などを踏まえて、特約というかたちで地震などの大規模災害にも対応できる保険商品があらわれています。テクノロジー06

車両保険の免責

2015/05/21

契約中の自動車が事故によって損傷した場合などに、主にその修理費を補償してもらうことができるのが、自動車保険の車両保険とよばれるものです。
この車両保険では、契約者が免責金額をあらかじめ設定することができるようになっており、言い換えれば修理費などが必要になった場合に契約者側が自己負担をすべき金額のことを指しています。
もしこの金額が10万円、実際の修理費が50万円であったとすれと、差し引き40万円だけが、車両保険の保険金として支払われるということになります。
この金額は自由に設定できるというよりも、ある一定の選択肢のなかから選ぶというかたちになっており、損害保険会社によっても違いがあります。
もし事故の際に車両保険を使って保険金を請求してしまうと、次の年度からは等級がダウンし、保険料も高くなってしまいますが、修理費の多少の自己負担は甘受して、あえて車両保険を使わないようにすれば、保険料が高くなることはありませんので、結果としては安上がりになる場合があります。
また、相手のある事故の場合には、車両保険を使わなくても、多少の損害賠償金は相手から得ることが可能なため、実際には自己負担が必要ないケースも多いといえます。テクノロジー05

車両保険の保険料に関するデメリット

2015/05/21

車両保険は、事故などによって契約している自動車が損傷してしまったといった場合に、その修理費などを補償することができる自動車保険です。
他人が加害者となって起こした事故のほか、ドライバー自身に100パーセントの過失があるような自損事故の場合にも対応できます。また、子供のいたずらや加害者がわからない当て逃げ、盗難、台風や水害といった自然災害によって自動車が損傷した場合についても、やはり同じように保険金を受け取ることができます。
ただし、この車両保険を使って保険金を受け取った場合には、次の年度からの等級がダウンしてしまい、保険料が大幅に割高な状態が一定の年限だけ続いてしまうというデメリットがあります。この等級ダウンに関しては、一般的な事故であれば3ランク、いたずらや盗難などであれば1ランクのダウンとなります。
もし車両保険を使わなければ、逆に翌年は1ランク等級がアップすることを考えると、軽微な損害にも車両保険を使うのは、トータルで見た場合のコストとしてはマイナスにはたらきます。
このため、免責金額といって、事故で車両の修理が必要になったとしても、あえて自己負担で済ませる金額をあらかじめ設定しておき、その金額を超えた場合についてのみ車両保険から保険金を受け取るように契約するのが一般的です。テクノロジー04

車両保険で修理費用分や保険金額全額が支払われるケース

2015/05/21

ローンを組むなどして、せっかく購入した車両を大切にしたいという思いに役立つのが車両保険です。相手に過失がある事故であっても、車両の修理費のうち自分の過失分は自分でまかなわなければなりません。また相手がいない単独事故の場合は車両保険がなければ修理費や購入費は自己負担になります。オールリスク対応の車両保険に加入していれば修理費用や購入費が補償されます。

車両保険は誰からも支払ってもらえない自分の過失を払ってもらえる保険です。たとえば、車同士の事故で当然相手から全額補償してもらえると思ったのに、自分にも過失が3割あると言われ、その分の修理費を請求されたケースでは、車両保険に加入していたおかげで自分の過失分を含む修理費全額が支払われ、保険を使って修理ができます。過失割合で相手ともめたケースでも示談前に保険金の支払いを受けることもできます。さらにあて逃げなど相手がいないケースや電柱にぶつかったなどの単独事故でも一般車両保険に加入していれば修理費が保険から全額支払われます。車両の修理費が保険金額を上回らないケースでは、保険金から免責金額が差し引かれますが、修理費が保険金額を超えたり、車両を修理できないケース、また車両が盗まれ発見されなかったケースでは保険金額全額が支払われます。テクノロジー03

車両保険も加入すると事故による損害にも保険金が支払われる

2015/05/21

自動車保険というのは、実際にはさまざまな補償メニューの組み合わせによってなりたっているもので、加入者それぞれによって内容も異なっているのが普通です。
そのなかでも、ほとんどすべての加入者が選択しているとみられる基本のメニューが対人賠償保険や対物賠償責任保険とよばれているもので、要するに加入者のほうの運転が原因となって他人の心身、あるいは所有物に対して損害を与えてしまった場合に、保険金が支払われるというものです。
ところが、こうしたメニューで自動車保険に加入していたとしても、あくまでも他人に対する補償であるため、加入者の側でもケガなどをしたり、あるいは自動車が損傷してしまったといった場合には、まったく補償がないということになってしまいます。
こうした場合に役立つのが、車両保険とよばれている補償メニューであり、もし経済的な余裕があるのであれば、加入の際にあらかじめ付けておくことが望まれます。
この車両保険では、他人が相手となった自動車事故の場合、他人がからまない自損の場合を問わず、自動車の損傷があれば、必要な修理費などをまかなってもらうことができます。
そのほか、子供によるいたずらや相手が不明な当て逃げ、台風や暴風雨などの一部の自然災害の場合などにも補償が行われます。テクノロジー02

車両保険の特徴と加入メリット

2015/03/05

車を運転する際には自賠責保険には強制的に加入しますが、その他の保険は任意となっています。
万が一起こるかもしれない事故のことを考えて任意保険に入るわけですが、その中に車両保険というのがあります。
車両保険の特徴は、自分の車が事故で損害を受けた場合、また事故だけに限らず、火災、台風、盗難等による損害を受けた時にも車の修理代を出してくれる保険のことです。
通常の任意保険は、対人保険や対物保険が主なもので、これらの保険は他人の被害を補償するため保険なので、この保険に入っていても、自分の車の損害は補償してはもらえません。
ですので、自分の車の損害を補償するには、車両保険に入らなければいけません。
車両保険といっても、その中にはいろいろな種類のものがあります。
一般車両保険は、自損事故、車との衝突・接触、自転車との衝突・接触、物の飛来や落下による損害、火災、爆発、盗難、浸水等の広範囲を補償してくれますが、その分料金は高くなります。
エコノミー車両保険は、相手が特定できている「車対車」の損害の場合だけ補償され、範囲が狭い為に料金は安くなっています。
エコノミー+限定A特約車両保険とは、一般車両保険から自損事故や当て逃げを除いた内容を補償する車両保険で、一般とエコノミーの中間の料金となっています。
また、乗っている車の車種によっても料率が決まっていて、それにより料金が大きく変わるので確認が必要です。
ローンが残っている場合、仕事で車を使っている場合、高級車・外車に乗っている場合等はしっかりと車両保険に加入して、万が一の被害に備えておくことが望ましいでしょう。テクノロジー01