保険契約者や被保険者等の故意によって生じた損害の場合の補償内容

所有している自動車を利用して道路を走行していれば、どれほど運転技術に長けた人であっても、また、どれほど注意を払っていたとしても事故の可能性が無くなる事は有りません。
万が一、事故に遭遇してしまった場合、その賠償額が高額になってしまうことも多く、自動車を所有していれば必ず自賠責保険に、また、高額な賠償金額になってしまったときの備えとして、任意保険にも殆どの人が加入しています。
しかしながら、賠償金額がどれほど高額であったとしても、また、それほどの金額にならなかったとしても保険の対象外となってしまうケースが存在します。
理由の如何に関わらず、保険契約者、若しくは被保険者が作為的に事故を発生させた場合は、保険の対象となる事は有りません。
つまり、どれほどの賠償金額を負担する事になったとしても、どれほど高額の補償額の保険を掛けていたとしても、保険契約者等の作為的な行為によって発生した事故に対しては保険会社としては一切の対応は期待出来ないのです。
明らかに事故が予想される行為を行った時も同様となり、保険契約者や被保険者が故意により事故を引き起こしたと判断された場合、その損害は全て自己の負担となってしまうのです。テクノロジー07

コメントは受け付けていません。