無免許運転や飲酒・麻薬摂取での事故の場合

交通事故を起こした時に運転者が無免許運転や飲酒運転であった場合、保険の種目によって支払の有無が変わってきます。対人賠償保険や対物賠償保険は支払われます。これは、加害者の法令違反は被害者になんの落ち度がなく、そのことによって被害者が救われないことは矛盾しているということで、過去は支払われないこともありましたが、現在は支払われます。車両保険の場合は運転者が車両の所有者であったり、所有者の配偶者や同居の親族であった場合は、保険金は支払われません。ただし、それ以外のケースで運転者と所有者が異なっていた場合は、飲酒運転や無免許運転であったとしても保険金は支払われます。これは、所有者がそのような法令違反を行った訳では無いからです。ただし、このような場合は保険会社が保険金を支払った後に、保険会社から運転者に対して支払った額が請求されます。人身傷害保険や搭乗者傷害保険の場合は、運転者本人に対しては保険金は支払われませんが、同乗者に対しては、保険金が支払われます。仮に同乗者が無免許運転等を知っていたとしても支払われます。運転者が麻薬の影響があって運転していた場合も保険金の支払い有無は同じことになります。テクノロジー08

コメントは受け付けていません。