車両保険で保険金が支払われないケース

車両保険は、自動車事故などによって契約している車両が損害を受けた場合に、その修理にかかった費用などが補償されるという内容をもつ自動車保険です。
一般的な自動車事故のほかにも、運転者自身の100パーセントのミスによる自損事故、相手が誰かわからない当て逃げ事故、自動車の盗難、火災・爆発や台風・洪水などによって車両が損害を受けた場合についても補償の対象となります。
しかしながら、こうした便利な車両保険であっても、保険金が支払われないケースというものも、例外的に存在しています。
運転者の飲酒、無免許、麻薬の服用などが原因となって起こった事故については、同じく車両の損害があったとしても、自業自得の部分があるために支払いの対象外となります。
また、保険会社から金銭をだましとろうとして起こした故意による事故についても、同じく対象外となっています。
さらに、自然災害のなかでも扱いが分かれるのが地震や噴火によるもので、こうした被害が広範囲にわたり、保険料収入でカバーすることが難しいものについては、原則として補償の対象外とされています。
ただし、最近では東日本大震災の教訓などを踏まえて、特約というかたちで地震などの大規模災害にも対応できる保険商品があらわれています。テクノロジー06

コメントは受け付けていません。