車両保険で修理費用分や保険金額全額が支払われるケース

ローンを組むなどして、せっかく購入した車両を大切にしたいという思いに役立つのが車両保険です。相手に過失がある事故であっても、車両の修理費のうち自分の過失分は自分でまかなわなければなりません。また相手がいない単独事故の場合は車両保険がなければ修理費や購入費は自己負担になります。オールリスク対応の車両保険に加入していれば修理費用や購入費が補償されます。

車両保険は誰からも支払ってもらえない自分の過失を払ってもらえる保険です。たとえば、車同士の事故で当然相手から全額補償してもらえると思ったのに、自分にも過失が3割あると言われ、その分の修理費を請求されたケースでは、車両保険に加入していたおかげで自分の過失分を含む修理費全額が支払われ、保険を使って修理ができます。過失割合で相手ともめたケースでも示談前に保険金の支払いを受けることもできます。さらにあて逃げなど相手がいないケースや電柱にぶつかったなどの単独事故でも一般車両保険に加入していれば修理費が保険から全額支払われます。車両の修理費が保険金額を上回らないケースでは、保険金から免責金額が差し引かれますが、修理費が保険金額を超えたり、車両を修理できないケース、また車両が盗まれ発見されなかったケースでは保険金額全額が支払われます。テクノロジー03

コメントは受け付けていません。