車両保険の免責

契約中の自動車が事故によって損傷した場合などに、主にその修理費を補償してもらうことができるのが、自動車保険の車両保険とよばれるものです。
この車両保険では、契約者が免責金額をあらかじめ設定することができるようになっており、言い換えれば修理費などが必要になった場合に契約者側が自己負担をすべき金額のことを指しています。
もしこの金額が10万円、実際の修理費が50万円であったとすれと、差し引き40万円だけが、車両保険の保険金として支払われるということになります。
この金額は自由に設定できるというよりも、ある一定の選択肢のなかから選ぶというかたちになっており、損害保険会社によっても違いがあります。
もし事故の際に車両保険を使って保険金を請求してしまうと、次の年度からは等級がダウンし、保険料も高くなってしまいますが、修理費の多少の自己負担は甘受して、あえて車両保険を使わないようにすれば、保険料が高くなることはありませんので、結果としては安上がりになる場合があります。
また、相手のある事故の場合には、車両保険を使わなくても、多少の損害賠償金は相手から得ることが可能なため、実際には自己負担が必要ないケースも多いといえます。テクノロジー05

コメントは受け付けていません。