車両保険の特徴と加入メリット

車を運転する際には自賠責保険には強制的に加入しますが、その他の保険は任意となっています。
万が一起こるかもしれない事故のことを考えて任意保険に入るわけですが、その中に車両保険というのがあります。
車両保険の特徴は、自分の車が事故で損害を受けた場合、また事故だけに限らず、火災、台風、盗難等による損害を受けた時にも車の修理代を出してくれる保険のことです。
通常の任意保険は、対人保険や対物保険が主なもので、これらの保険は他人の被害を補償するため保険なので、この保険に入っていても、自分の車の損害は補償してはもらえません。
ですので、自分の車の損害を補償するには、車両保険に入らなければいけません。
車両保険といっても、その中にはいろいろな種類のものがあります。
一般車両保険は、自損事故、車との衝突・接触、自転車との衝突・接触、物の飛来や落下による損害、火災、爆発、盗難、浸水等の広範囲を補償してくれますが、その分料金は高くなります。
エコノミー車両保険は、相手が特定できている「車対車」の損害の場合だけ補償され、範囲が狭い為に料金は安くなっています。
エコノミー+限定A特約車両保険とは、一般車両保険から自損事故や当て逃げを除いた内容を補償する車両保険で、一般とエコノミーの中間の料金となっています。
また、乗っている車の車種によっても料率が決まっていて、それにより料金が大きく変わるので確認が必要です。
ローンが残っている場合、仕事で車を使っている場合、高級車・外車に乗っている場合等はしっかりと車両保険に加入して、万が一の被害に備えておくことが望ましいでしょう。テクノロジー01

コメントは受け付けていません。